バイオマス発電

バイオマス発電事業とは?

なぜバイオマス発電なのか

平成23(2011)年3月11日の東日本大震災以降、国内のエネルギー事情は大きく変わりました。国内の原子力発電が次々に止まり、 その代替エネルギーとして注目を浴びたのが再生可能エネルギーです。主な再生可能エネルギーは太陽光、風力、地熱、水力、バイオマスです。このうち当社はバイオマスを手がけています。
理由は日照条件や気象条件の影響を受けづらく、年間を通して昼夜を問わず電力の安定生産ができるからです。 バイオマス発電は、ベース電源の一つとして事業収益上最も有効な手法であると考えています。

当社は発電所の計画・開発及び運営をプランニング&コンサルティングします

地球規模でのCO2(二酸化炭素)削減の必要性に対応し、バイオマス※1を燃焼して得られる「電力」や「熱」を再生可能エネルギーとして利用する事業を行っています。 バイオマス発電に使用する燃料はとても広範に存在し、CO2を増やさないクリーンな発電です。しかも燃やしてもカーボンニュートラル※2なのです。 当社はこの事業において、自治体を含めた『地域への貢献』として、「新たな雇用の創出」や「地域産業の活性化」を目指しています。

※1 バイオマスとは
再生可能な生物由来の有機性資源で、石油・石炭を除いたものをバイオマスといいます。太陽エネルギーと水、土、空気を利用して生物により自然循環の中でつくられる資源であり、 適正に利用すれば枯渇することがありません。

※2 カーボンニュートラルとは
樹木は燃焼時にCO2を発生しますが、成長時にCO2を吸収し、酸素を放出して育つため、大気中のCO2は増えない計算になり、CO2の収支はプラス・マイナス・ゼロと解釈されます。 この概念を、カーボン・ニュートラルと言います。

発電した電力は固定価格買取制度(FIT)で全量売電しています

バイオマス発電でつくられた電力は、「一般電力(東京電力等10社)」や当社を含めた「特定規模電気事業者(新電力)」へ全量売電します。

木質バイオマス発電事業は、地域の木質資源を有効利用し、地産地消、林業の活性化に貢献し、新しい雇用の創出につなげます。

各発電所概要(計画も含む)

岩手県

岩手県

株式会社野田バイオパワーJP

発電力 14,000kw
敷地面積 30,000㎡
運転開始 平成28(2016)年8月
自治体 野田村
山梨県

山梨県

大月バイオマス発電株式会社

発電力 11,500kw
敷地面積 19,275㎡
運転開始 平成30(2018)年8月
自治体 大月市
北海道

北海道

石狩新港新エネルギー発電合同会社

発電力 50,000kw
敷地面積 49,200㎡
運転開始 平成32(2020)年
自治体 石狩市

再生可能エネルギー

再生可能エネルギー

このページの先頭へ戻る