バイオマス発電所の開発・運営の
総合コンサルティング

平成23(2011)年3月11日の東日本大震災以降、国内のエネルギー事情は大きく変わりました。国内の原子力発電が次々に止まり、 その代替エネルギーとして注目を浴びたのが太陽光、風力、地熱、水力、バイオマスなどの再生可能エネルギーです。

当社は地球規模でのCO2(二酸化炭素)削減の必要性に対応し、バイオマス(※1)を燃焼して得られる「電力」や「熱」を 再生可能エネルギーとして利用する事業を行っています。 バイオマス発電に使用する樹木はとても広範に存在し、燃焼してもCO2を増やさないカーボンニュートラル(※2)な燃料です。

バイオマス発電は日照条件や気象条件の影響を受けづらく、年間を通して昼夜を問わず電力の安定供給ができるため、 これからの国内エネルギーのベース電源の一つになる重要なものであると考えます。 この事業を通じて「新たな雇用の創出」や「地域産業の活性化」を目指しています。

当社のバイオマス発電所でつくられた電力は、「一般電力(東京電力等10社)」や「特定規模電気事業者」などへ全量売電しています。

※1 バイオマスとは
再生可能な生物由来の有機性資源で、石油・石炭を除いたものをバイオマスといいます。太陽エネルギーと水、土、空気を利用して生物により自然循環の中でつくられる資源であり、 適正に利用すれば枯渇することがありません。

※2 カーボンニュートラルとは
樹木は燃焼時にCO2を発生しますが、成長時にCO2を吸収し、酸素を放出して育つため、大気中のCO2は増えない計算になり、CO2の収支はプラス・マイナス・ゼロと解釈されます。 この概念を、カーボン・ニュートラルと言います。

開発・出資発電所(建設中を含む)

岩手県

野田バイオマス発電所

株式会社野田バイオパワーJP

発電出力 14,000kw
敷地面積 30,000㎡
運転開始 平成28(2016)年8月
所在地 岩手県九戸郡野田村
鳥取県

米子バイオマス発電所

米子バイオマス発電合同会社

発電出力 54,500kw
敷地面積 59,000㎡
運転開始 令和4(2022)年3月予定
所在地 鳥取県米子市

開発発電所(建設中を含む)

山梨県

大月バイオマス発電所

大月バイオマス発電株式会社

発電出力 14,500kw
敷地面積 19,275㎡
運転開始 平成30(2018)年8月
所在地 山梨県大月市
富山県

富山バイオマス発電所

合同会社 NBE-02 インベストメント

発電出力 51,500kw
敷地面積 45,000㎡
運転開始 令和3(2021)年12月予定
所在地 富山県高岡市
茨城県

鹿島バイオマス発電所

大林神栖バイオマス発電株式会社

発電出力 51,500kw
敷地面積 50,000㎡
運転開始 令和3(2021)年8月予定
所在地 茨城県神栖市
北海道

石狩新港バイオマス発電所

石狩バイオエナジー合同会社

発電出力 51,500kw
敷地面積 49,200㎡
運転開始 令和4(2022)年8月予定
所在地 北海道石狩市

開発計画中

北海道

石狩地域バイオマス発電株式会社

北海道道央地区における地域材、林地未利用材を積極的に活用した木質バイオマス発電所の開発に取り組んでいます。

開発・出資会社

北海道

北海道木質バイオマス株式会社

設立 令和元(2019)年10月30日
取扱量 約15万トン/年
運用開始 令和2(2020)年10月予定
所在地 北海道石狩市

このページの先頭へ戻る