NED SDGs宣言

弊社は、国連が提唱するSDGs(持続可能な発展目標)を推進し、地域経済・地域社会の持続的な発展に取り組んでまいります。
弊社は、国内の木質バイオマス発電所の電源開発実績を踏まえ、木質バイオマス発電をはじめとしたクリーンなベースロード電源の開発を推進し、CO2排出量の削減に取り組んでまいります。
社内外への周知を徹底し、中長期経営計画へ折り込むことにより、SDGs達成に貢献してまいります。

SDGsとは?
SDGsは、SUTAINABLE DEVELOPMENT GOALSの略で、持続可能な開発目標と訳されます。 2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継で、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で記載された2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上のだれ一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。 SDGsは発展途上国だけでなく、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)な目標であり、日本も積極的に取り組んでいます。

1、地球環境への貢献                     1、地球環境への貢献

1、地球環境への貢献

具体的取組
パリ協定で合意された「世界の平均気温上昇を2度未満に抑える」に向けて、弊社は下記の取組によりCO2の削減を目指します。

① 国内7カ所の木質バイオマス発電所の電源開発実績を踏まえ、今後も継続的にバイオマス発電事業の開発に取り組んでまいります。

② 現在、弊社が技術開発中のトレファクション・ブリケット(ブラックペレット)を火力発電所の石炭燃料の代替燃料として実用化させることを目指しております。

2、新たな市場の創出                          2、新たな市場の創出

2、新たな市場の創出

具体的取組
① バイオマス発電を核とした地域とのネットワーク構築により、従前、活用できていなかった地域の未利用材を活用した事業を実施することで地域に新たな市場の創出を目指します。

② 火力発電所における石炭燃料の代替燃料として、トレファクション・ブリケット(ブラックペレット)の実用化技術を確立させることにより、新たなバイオマス燃料市場の創出を目指します。

3、地域との共生             3、地域との共生

3、地域との共生

具体的取組
① 障害者支援を目的とするNPO法人にバイオマス発電に伴う排熱を利用していただくことにより、就労支援の場を提供し貢献いたします。

② 地域の未利用材を活用することにより、地域における森林環境の整備及び雇用促進に貢献いたします。

SDGs目標一覧

JAPAN SDGs Action

クリックすると、外務省のホームページへ移動します。

このページの先頭へ戻る